生地選びはとても重要

コスプレの衣装を作る時、いかにキャラの着ている衣装に似せるかは、
最大の問題と言っても過言ではありません。
映画や特撮といった「見本」があるのとは違い、アニメや漫画の衣装を3Dにするには、
まず生地の種類や特性から考えなければならないからです。

加工しやすく安価なことから、
艶のあるサテンや綿の生地を使っている専門の業者も多いですが、
キャラの環境や役どころを考えずに使ってしまうと、
安っぽく見えてしまうことにもなり兼ねません。
キャラが着ているものも、制服は実際にある制服に似た素材を、
アイドルや架空の職業・SFなのキャラの衣装の場合は、
どんな素材が相応しいのか、想像するところから始めましょう。

もちろん、柄などを資料集や作品で確認することも大切ですし、
出来るだけ近い色味のものを選ぶことも大切です。
それに加えて、同じ色でも生地の種類によって深みや華やかさが変わって来るので、
キャラの性格や再現したい衣裳の雰囲気に合わせて選びましょう。
中には、よく見ると地模様が入っているものなど、
さり気ないお洒落を演出してくれる生地もありますし、
織り方によって重さも違うので、どの生地を選べば
あなたのキャラにリアリティを持たせられるのか、想像しながら選んでみてください。

選び方ひとつで、あなたのキャラが2D寄りになるか、
リアルな3Dになるかが決まります。
生地の名前が分からなければ、どんな雰囲気の生地を探しているのかを
店員さんに伝えて選んでもらうのもいいでしょう。
生地に詳しくなってくると、コスプレの楽しさも広がるので、
是非いろいろな生地に触れてみてください。

エーステクノロジー